2011年12月31日

ネットも罠

子供がテレビを見なくなってきているって記事があったから

これからはインターネットでの誘導にもどんどん力が入ってくんだと思う。

今でもかなり酷いけど。

それでもまだテレビは、いるみにとって使えるアイテムだし、

団塊までの日本人はすっかり洗脳しきれてるから、その洗脳が解けないように

なくなることはないんだろうかね。

テレビとネットだけじゃなく、周りにあるものすべてに息がかかって管理されてる。

自分で気付かないと永遠に洗脳は解けないまま。

パズルを繋げられる今しかチャンスはないのかもしれないというのに。






ネットを妄信してるって言われた時、

じゃああんたはテレビ見ないでいられるの?って言ってみた。

私はテレビじゃ自分が知りたいことが調べようがないから見なくなっただけ。

あとは誘導のチェックするくらい?

ネットだって罠なのは十分理解してる。

某SNSは本当にどうしようもない人ばかりで、説得にはまったく向いてない。

そのくせ巧妙な工作員がうじゃうじゃいる。

天然工作員もうじゃうじゃいる。

どこにいっても誘導される。

騙し方もいろいろある。

右と左が手を組んでたりする。みな役割が与えられてるのかねー。






今拾える情報には、暴露もあるんだ。事実も。

ばれてもいいからってばらしまくってるんだよ。

そんだけもうひっくり返らないだろうと馬鹿にされてるんだよ。

事実で誘導は常套手段だと何度言っただろう。






私は陰謀論者。

でももう陰謀論って言うのやなんだよ。

レッテル化されてるからさ、いるみの工作で。

世界政府論 とでも言っておこうかなー。




平等思想は分断工作。

男女も親子も先輩後輩も上司部下も ピラミッドになりうる関係、秩序は全部破壊する。

今を支配しているピラミッドが唯一絶対何者にも転覆されないように。



ピラミッドは今のところ最強なんだよ。不平等が真理なの。

いがみあい対立を誘うやつは工作員だ。

必要なのは説得なんだよ。地味だけど。





クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
posted by myuu at 10:33| ブログ | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

左翼といわれても

やっぱり子供がいると無視できないんだよね。

だってやつらは事実も利用してるんだもの。

たとえ手先だろうと思われるとこでも、

それが捏造かもしれなくても、

書かれてることから目をそむけることができないんだよ。

これ、どうする?

本当に痛いほど身にしみて辛い。金をくれってことじゃないが、結局行きつくのはそこだと思うし。



国会なんてもう乗っ取られてるし、政治なんて茶番なのはわかってる。

世界政府広めたい私からしたら放射脳はどっかおいとかなきゃいけないのはわかってる。

お涙頂戴が罠ばっかりなのは理解してる。

でもどうしたらいい?って気持ちを吐いてもいいよねぇ?

この今の状況だけはリアルなんだもん。それがマトリックスの中だとしても。

日本人ばっかりが実験の酷いモルモット。

日本人が気付かない結果。



-------------




ttp://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-119.html


----------引用ここから


「福島では、子供が生まれたら家を建てるという家庭が割と多いんです。
小さな子供とお母さんは避難させて、お父さんは住宅ローンと生活費のために働いている。
これは想像以上にお金がかかる。

最近は家族揃っての避難が増えてきました。
お父さんもお母さんも仕事を辞めて、新しい生活を北海道でゼロからスタートする、という人が多くなっています」。

「本当のことは何も分らないんです。
国は安全だと言う。これぐらいの低線量では身体的な影響は出ないと言います。
私も、始めはそう思っていました。
自分の娘も鼻血を出したりしたのですが、それでも被曝のせいだとは考えていませんでしたし、今でもそのように考えたくなります。しかし、いろいろ聞き取りをしたところ、その考えを改めようとしています」。

「目の前で、いままで出したことのないような鼻血を出している子供たちがいたら、みなさん、どうしますか?
偉い学者さんが、どんなに安全だと言っても、今、起きている事象を優先しませんか?」。

「私たちは国の決定を待たず、自分たちで避難を決めた自主避難者です。
それは地縁・血縁の強い福島では、とても勇気のいることです。

おじいちゃん、おばあちゃんの理解がまず得られません。お父さんとケンカをした人もたくさんいます。

『国が安全だと言うのに、それをきけないのか』。
これよりもっと強い言葉でなじられている人も、たくさんいます。

『自分が安全な場所に避難しておいて、除染してきれいになった福島に帰ってくるつもりなのか』。
そういう言葉も投げかけられました。

『いいよねぇ、あなたたちは逃げられて』。
そういうふうにも言われます。

私たちは、いま、福島に残っている人たちを本当に心配しています。でも、その思いは届きません。
私たちと福島に残る人たちとの間には、大きな溝があります。
その状況は、この原発事故によって引き起こされたものです」。

「選択的避難の権利を国に認めて欲しい。

子供の、人間の命を最優先に守ることを考えた方策を考えてください。
自主避難者への補償は、その権利を国が認めてくれることです。
国が逃げてもいい、と言ってくれたら、本当に避難したい人がたくさんいるのです。
福島の復興のために力を尽くす、福島を盛り立てていくこと、それも大事です。
それと同時に、避難を考えている人たちの権利も認めて欲しい。

避難している人も、福島で頑張っている人も、みんな苦しんでいます」。



ここまで------------





>子供の、人間の命を最優先に守ることを考えた方策を考えてください。



ここんところが罠って感じがしないでもない。

わかってるんだ。わかってるよ。全部利用される。

でもさ、親にとってはきついよ。

目の前の子供が元気じゃない状態なんて、普通の風邪ですら辛いんだよ。

私は高熱だしても薬は使わないけど、苦しんでるの見るのはやだもの。

親だからこそ世界政府気付いてほしいのに、そこですらやっぱり利用される。

お涙頂戴の内容が捏造かどうか、結局自分ちで確かめることになりそうだ。

それでほらみろって言えても・・・すっきりしない。悔やむだろうね。

世界政府はほらみろっていうよ。だってこのままじゃ回避できないから。

どうするんですか?日本の親たち。




クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
posted by myuu at 08:48| ブログ | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

みんなが気付かないから

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1213/mai_111213_8721068231.html

政府は13日、親による児童虐待から子供を守るため、最長2年間親権を停止できる新制度などを柱とした改正民法の施行日を来年4月1日とする政令を閣議決定した。

親族や検察官だけでなく、虐待された本人も家裁に申し立てできることにした。




------------------

こんなの決まっちゃいましたー。

平等平等いってるから、親>子供 って当たり前の図式が崩れてくよ。

今まで散々学校で人権だのなんとかダイヤルだの洗脳してきた甲斐がここで発揮されるよ?

本当に酷い目にあってる子供さんもいるだろうけど大事なのはそこじゃない。

最近では子供が見るアニメ中のCMにまで虐待防止なんたら~ってやってんだよ。

酷い虐待記事をこれでもかと毎日私たちに発信してきて

みな、親も子も虐待いくない!そっか、間違っててもいいから通報か!ってなってるの。

おかしいでしょう?

親=子供 みな同じ人間!  ←これが世界政府にするための洗脳だって、いつわかってくれるのかな。

生まれた子は、世界政府のてっぺんのエリートがいいように教育する。

産んだ親が育てることはなくなる。

子孫が永久にエリート達の羊、奴隷であり続けるために。

クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
posted by myuu at 14:18| ブログ | 更新情報をチェックする