2013年06月21日

人だけが

科学をどこまでも追及しやがる。
でもその反面、霊的な何かを信じたりもする。

科学で解明できない物はそのままそっとしておいてほしいのに。
私は先祖に守られてるよ、とかそういうの、信じてるんだよ・・・
人が機械的に事務的に、物ごとを判断し、整理してしまうため の材料なんてもういらない。
解明できない何かのおかげで、抗えるチャンスがあるかもしれないじゃんか。
・・いやむしろ、もしや、あっち側がそれを大事に抱えてるんだろうかね?
そういうのを利用した汚い物はあふれている。
溺れないように冷徹に、じゃなくて冷静な判断力が要るんだろう。
そんなのを身につけないといけないなんて、いるみ対策なだけじゃないのか・・

「考える」のは人間だけ。
動物は本能で生きて、子供を産んで、死ぬ。
考える余地・・・ある?
実は考えてるの?

私の血は子孫を残す事で繋がっていくはずだ。
子孫もまた同じ行為を続けていけば終わりはこない。

漫画やテレビを見ていたせいで、子供の頃はなんとなく
人生のゴールは結婚とぼんやり思った。
女だねー。
そのうち、「結婚はゴールじゃなくてスタート」なんて事言われてるのを見て、ふーんと思った。
またしばらくすると、「死ぬために生きる。死ぬために生まれる。」
そんな哲学的な言葉が出回り、新たにまた考えた。
死ぬってなんだ。

結局こうやって、考えるきっかけなんて、外から与えられてる。
刺激がなければ、まっさらで頭は空っぽなままなのかな。
刺激を受け続けて、自分が出来上がった気がしているけれど、
でも、容量は死ぬまで残ってる。
機械みたいに上限なんてない。
色んなものを詰め込んじゃだめなのか、無駄な物は入れない、入れちゃったら消去?
無駄なことなんて何一つないんだ!ってのは罠なのかね。
これもまた良く耳にする(きれいごと)フレーズだけれども。

人は死んだら、新たに何かを考えて感じて、それを人に与えるって事ができなくなるから
そういう意味ではend って事なのかねぇ。
どれだけ自分の分身に、こうだよああだよと伝えられるか、でしょうか。
死んだら新たに想像したり考える事ができなくなるし。
自分の子供たちがそれを引き継いで、次に繋げてくれるのかな。
そういう風に考えられたら、終わりではない。
いつまでも終了は来ない。
って思いたい。

が、もうこの流れでは、それも難しそうだね、、


クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

家族の形をこわせ

「親は親、自分は自分でいいんじゃないかな。」
「憎んでいるわけじゃない。一緒にやっていけないって親子が居てもいいんじゃない?」


↑なんだよこれw
昔自分が見たドラマを偶々見ているわけですが。
某自分がイグ○ナに見えてしまうというやつ。

母親が子供を愛せないなんていう設定の中
その子の友達が吹き込むわけです。

ひどい仕打ち受けてるなら、それも当たり前?
また事実で人を誘導するのね。(ドラマだから事実じゃないけど)

当時は全く気付いていないけれど、
私も本当散々攻撃を受けていた。
自分が酷い境遇にいたら、きっとまんまと親子なんて、と思っていただろう。

ちなみにこのドラマ、女子は今みたいな「アバズレ」な風貌じゃないんだけどねぇ
黒髪に、ストレートに、おさげだし。

あとサラッと「世界で一番わかってる」なんつーことも言ってます。


クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

2013年06月04日

飽きに勝つ事ができない

結局人って、つまらないこと、面白くないこと、辛いこと、しんどいこと

こういうのを継続することはできないんだ。

三角の最下層は真理なんて知らなくていいんだよって思い込まされ続けてきたことって

まだまだあるんだなと思った今日この頃。

もう誰も火種になんてなれっこないよこんなの。

だめだね。終わった。


クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ