2017年04月09日

バランス

全てバランス。
各々最善なバランスがあったとして、しかし数値化なんてきっとできない。
何事にもゴールなんてないから余計。
歴史にもゴールなんてないから、
善い悪いでバランスなんて考えたってどうなるっての?
ここからここまでなんていう範囲がないんだとしたら
この時点ではバランス考えたらこうだ、とか、そんなの意味なんてない。
意味なんてない ってのも実際は曖昧になるw 
言葉はどうとでも取れる。

私はねポジティブ思考の押し売りが嫌いなんだ。
嫌いとはいえその効果がどうってのは一応把握している。
その上で好きじゃないから、きっとそれで私が 今 バランス取れてる。
誰もがそうとかも考えない。
みな太陽を好む傾向なのもわからなくない。
そんでも好きじゃない。
ネガティブも必要だろうからだ。バランスならそうなる。
偏ったらまずい ってのだって、バランスで考えたら、範囲を自分で勝手に設定でもしなければ
(たとえば人の一生)
一生のうちほぼ全部偏ってました、だとして、それでよかったのか悪かったのか
って評価をするんだろう。

世の中に
一生ほとんど幸せで、ついていて、そのまま死ぬって人がいたとする
逆に一生ほとんど不幸で、最後まで不幸なまま死ぬって人がいたとする
結局双方でバランス取られてしまってるといっても 一理ある になってしまう。

色んな人が ああだこうだと言っているけど
それに影響されて今も生きているけれど

なんかね、もう自分にとっては 好き嫌いとバランス(大きな意味で) が真理ってので
落ち着いてしまった。
私の言ってることに反抗的な人もいるだろう。そんなのはまああるだろう、
いいことでもあり、悪いことでもあり(私個人にとってか)
それに対して私がどう思うかだけで。

好き嫌い が発生したらいいけど、無関心ってのの効力もある。
私は好き嫌いは、その時思ったら吐き出すつもりだ。
大概腹立つことのが多いからネガティブに受け取られるんだろうけど
実際は幸せに思うこともあるのだ。
いちいちそんなのを私は表に出さないだけで、
表に出す人は(私にとって)当然あまり好かない類なのだ。

嫌いなのを嫌いといってると、負のオーラすごそうだけどそれもまた
どっかでバランス取られているんだと思うよ。
上っ面太陽が多すぎるもんな。花畑っていうのがそうなるのかな。
負のオーラ満々な私でも、向き合ってくれる、合う人間はいるもんで
それで今満足できる部分もあるのだ。
幸せすぎて怖い なんてのもバランス取るためのものじゃないの?

好きなものを好きというのは好ましくて、
嫌いなものを嫌いというのは憚られるなんて
おかしなもんだろう。
嫌われたくない相手のために性分曲げたままでいるなんてことは
私はもうこの年齢では要らんくなったんだ。

なので言う。
私はあなたが嫌いだ。
このブログタイトルも性分を反映しすぎているw
私と真逆なタイプの人は○○が好きとかにしてるしな。
posted by myuu at 19:25| Comment(0) | 屁理屈日記 | 更新情報をチェックする