2013年11月24日

連呼

最も重要なこと、それはいかに生きるかを考えることとともに、
この世界をどう変えればいいかをほかならぬママたちや子供たちが考え、
そしてそれを具体的に実行しようとすることです。
自然食品を食べていればよい、
自分だけ助かればよいというのは一つの傲慢であり、
仮に自分や家族が助かっても結局地球はボロボロになって滅ぶかもしれません。
それでは当然意味がないはずです。

砂糖や遺伝子組み換え食品やワクチンを打たないようにするということさえ、
地球上のすべての生物や子供たちにとっては対症療法に過ぎないのです。
それを政治レベルでも、地球上のいかなる場所でも存在しないようにすることこそが本質的な治療です。
そしてそれは医者ごときに勤まる仕事ではありません。
子供を産むことができる唯一の存在である母にしかできないことであり、
一切の常識や体裁など存在しない純粋な子供だけに発想することが許されたものです。
あなた方が子供を守りたいと思うのであれば、
今のような状況に甘んじている限りそれを言う資格はありません。
たとえ完遂できなくてもそれを目標とし日々それに時間を費やさないでどうするというのでしょう?
あなた方ママにとって重要なのは、ファッション雑誌やテレビのドラマやブランド品や、
化粧や美容やスタイルに固執していることではありません。
そのようなものはこの世がもっと「生物としてまとも」な世の中になってからやってもらえば結構です。
この言葉を聞いて「耳が痛い」と思っている限り、
あなた方大人がやっていることは間違いでしかないのです。


https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/536336506450107
より転載
posted by myuu at 11:20| Comment(0) | 屁理屈日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください