2015年10月18日

読書の重要性

知識を得るのはもちろんだけど、文章を読んで理解するためには
やっぱり読書は重要だった。

あとは想像力の訓練も。
漫画じゃ文字や単語は覚えても、それはたぶん培われない。
最初から用意された絵で想像力なんて潰される。

若い人は長文を読まなくなってるらしいから、
何かを訴えたい時に長々と書いても読んでくれないだろうし
まして理解なんて到底してくれない。
興味あることならわからない。

私も活字を読まないでここまで来てしまった。
知識は浅く、自分が説明する時に技術が全く足りないなと思う。
もうここ数年すごく思う。
同じような考え方する人がたまにわかってくれるだけ。
この歳でそうだと、よほど奮起しないと、もうたぶん活字読まないし育たない。

国会答弁って、相手の言い分を(あの長いのを)最後まで聞いてからじゃないとダメなのね。
「ちょっと何それそうじゃないでしょ!」って途中で言えない。
ただのヤジになる。すごく言いたいのに。
聞いてるとね、我慢できない。
文句言いたくなる。わざとかもしれないけど。
女であるが故もあるかな。
あんな長い言い分に対して、次自分がそれに文句言うとして即座に言える物をね
その場で作り上げるなんてできない気がするんだ。
政治家はできるのか。
茶番故の結果なのかもしれない。

要するに何が言いたいかって
自分の言いたいことって、チャットなんかじゃ伝わらないんだと。
携帯メールだと、まあチャットよりは長くかけるからそれなりだけど
私は打つのが面倒でつい電話をかけてしまう。
だけどそれも結末、お互いがきちんと相手の言い分を聞いてないと話が逸れていくし、
(女は特にでもそれが楽しいのもある)
深刻な話になるほど、たぶん、文字として残らない以上忘れていくんだ。

昔は手紙のやりとりをしてた。
相手の返事は今なんかよりずっと遅くて、それでもすごく楽しみだった。
思ったこと近況、3枚4枚当たり前だった。
楽しいのは文句の言い合いなんかじゃないからだろうけど。

言い合いってチャットじゃ難しい。
相手が見れない以上空気も感じれない。
国会答弁みたいに待てないでつい思った事すぐ打ってしまうし、そもそも文字制限がある。
感情の波を抑えつつ、的確に自分の言いたいことを言うなんて難しい。
メッセージは手紙の代替となった。
デジタル化なんて嫌だけど、やっぱり長く文字を使った方がマシだなあと思う。
待つって作業と引き換えになるけど、だいぶん、だいぶんマシ。

上手く伝えることは、読書で育つんだろうか。
言葉を操る以上そうなんだろうな。

私は、言わなきゃわからないよ と人には言うのに、自分ができてない。
ああダメだな、全然大人になってない。
人に自分基準の察し力を求めてはいけないんだ。







読書について。
知識を蓄えることは重要だと思うけど、
実際、最近、本当にそれは重要なのかなと思ってしまう。
無知は良くないけど、なんだろな・・動物はそんなことしないものね。
人は動物のカテゴリーから外れたんだな。きっと。
これに関しては陰謀脳がそうさせてるんだろう。
posted by myuu at 10:11| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください