2015年10月18日

思考というオプション

本当はヒト以外も持ってるのかもしれないけどレベルが違いすぎる。
オプションというより特別装備?

ヒトだけが「考える」なんて事できてしまうがために
こんなに苦しい。
逆に上手く利用すれば滅茶苦茶幸福感を持てる。

比較し、差別し、競争し、優越感、劣等感に浸る。

正義は個人の都合?

そんな真理、気付いて、わかって、もうなにもかも達観したような フリ じゃないか。

割りきってるなんて、保身のためのフェイクだ。
気付いてもらえない。
本当は気付かれたくないのか、
気付いてほしいのにただ頑固で気持ちの表し方が下手くそなだけなのか、
わかりたくもないそんなの。

みんなその日の血の流れで、脳から分泌されるホルモンで、
お天気で、空気で、
気持ちなんてすぐ変わるんだ。
そう思う事で私を納得させる。
辛くなる事がこうやって定期的にやってきては同じ分析の繰り返し。


解ろうとしている、解ったつもりなだけで、
本当は赤ん坊みたいに全部、何も計算しないで吐き出したい。

でもその後のデメリットに足踏みしてしまう。
きっと、どうせこうなる、こう考えているだろう予想、
仮に言ったとしてそれに対する答えは、私を確実に良い気分にはしないだろう。
そういう決めつけ、思い込み。

ああもうぐるぐるするのは嫌だ。
こんなオプション捨てたい。捨てたくない。
どっちだかわからない。


私は欲の塊。
今を生きるだけなんて嫌。

早くこの登山道を下ろう。
時間だけが緩和する。

こんなのって、どうしようもなく寂しい。
posted by myuu at 10:13| Comment(0) | 屁理屈日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください