2015年10月18日

読書の重要性

知識を得るのはもちろんだけど、文章を読んで理解するためには
やっぱり読書は重要だった。

あとは想像力の訓練も。
漫画じゃ文字や単語は覚えても、それはたぶん培われない。
最初から用意された絵で想像力なんて潰される。

若い人は長文を読まなくなってるらしいから、
何かを訴えたい時に長々と書いても読んでくれないだろうし
まして理解なんて到底してくれない。
興味あることならわからない。

私も活字を読まないでここまで来てしまった。
知識は浅く、自分が説明する時に技術が全く足りないなと思う。
もうここ数年すごく思う。
同じような考え方する人がたまにわかってくれるだけ。
この歳でそうだと、よほど奮起しないと、もうたぶん活字読まないし育たない。

国会答弁って、相手の言い分を(あの長いのを)最後まで聞いてからじゃないとダメなのね。
「ちょっと何それそうじゃないでしょ!」って途中で言えない。
ただのヤジになる。すごく言いたいのに。
聞いてるとね、我慢できない。
文句言いたくなる。わざとかもしれないけど。
女であるが故もあるかな。
あんな長い言い分に対して、次自分がそれに文句言うとして即座に言える物をね
その場で作り上げるなんてできない気がするんだ。
政治家はできるのか。
茶番故の結果なのかもしれない。

要するに何が言いたいかって
自分の言いたいことって、チャットなんかじゃ伝わらないんだと。
携帯メールだと、まあチャットよりは長くかけるからそれなりだけど
私は打つのが面倒でつい電話をかけてしまう。
だけどそれも結末、お互いがきちんと相手の言い分を聞いてないと話が逸れていくし、
(女は特にでもそれが楽しいのもある)
深刻な話になるほど、たぶん、文字として残らない以上忘れていくんだ。

昔は手紙のやりとりをしてた。
相手の返事は今なんかよりずっと遅くて、それでもすごく楽しみだった。
思ったこと近況、3枚4枚当たり前だった。
楽しいのは文句の言い合いなんかじゃないからだろうけど。

言い合いってチャットじゃ難しい。
相手が見れない以上空気も感じれない。
国会答弁みたいに待てないでつい思った事すぐ打ってしまうし、そもそも文字制限がある。
感情の波を抑えつつ、的確に自分の言いたいことを言うなんて難しい。
メッセージは手紙の代替となった。
デジタル化なんて嫌だけど、やっぱり長く文字を使った方がマシだなあと思う。
待つって作業と引き換えになるけど、だいぶん、だいぶんマシ。

上手く伝えることは、読書で育つんだろうか。
言葉を操る以上そうなんだろうな。

私は、言わなきゃわからないよ と人には言うのに、自分ができてない。
ああダメだな、全然大人になってない。
人に自分基準の察し力を求めてはいけないんだ。







読書について。
知識を蓄えることは重要だと思うけど、
実際、最近、本当にそれは重要なのかなと思ってしまう。
無知は良くないけど、なんだろな・・動物はそんなことしないものね。
人は動物のカテゴリーから外れたんだな。きっと。
これに関しては陰謀脳がそうさせてるんだろう。
posted by myuu at 10:11| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

おかあさんのブログ

https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/536336506450107
より転載


---------------

この世のママたちが考えるべきこと(医者とおかんは社会の毒から抜粋)

これまで様々な社会毒、しかもこの本では非常に身近にある社会毒について指摘してきました。この本を読めばそれらを手にすることに恐怖を抱くとともに、どうすればいいのかと悩むこと必定でしょう。

多くの親たちは何一つこの世の毒については考えていませんが、ちょっと考えられる親は毒を避けようと努力するものの、本質的に何を変えればいいのかということまでは考えません。そもそもこんな毒だらけな世の中にされて、いったい何を食べればいいのか、いったい何を使えばいいのかと考えること自体がナンセンスなことに気付いていません。

このような毒物を扱う時に対立する概念は、「自然に生き、自然に死ぬ」ということだろうと思います。ただ文明が発展した今の時代では、すべてにおいて野生や自然に戻るということは不可能でしょう。それらも含めて我々市民は、いったい何をすべきであるかを考えねばなりません。

最も重要なこと、それはいかに生きるかを考えることとともに、この世界をどう変えればいいかをほかならぬママたちや子供たちが考え、そしてそれを具体的に実行しようとすることです。自然食品を食べていればよい、自分だけ助かればよいというのは一つの傲慢であり、仮に自分や家族が助かっても結局地球はボロボロになって滅ぶかもしれません。それでは当然意味がないはずです。
砂糖や遺伝子組み換え食品やワクチンを打たないようにするということさえ、地球上のすべての生物や子供たちにとっては対症療法に過ぎないのです。それを政治レベルでも、地球上のいかなる場所でも存在しないようにすることこそが本質的な治療です。そしてそれは医者ごときに勤まる仕事ではありません。子供を産むことができる唯一の存在である母にしかできないことであり、一切の常識や体裁など存在しない純粋な子供だけに発想することが許されたものです。あなた方が子供を守りたいと思うのであれば、今のような状況に甘んじている限りそれを言う資格はありません。たとえ完遂できなくてもそれを目標とし日々それに時間を費やさないでどうするというのでしょう?あなた方ママにとって重要なのは、ファッション雑誌やテレビのドラマやブランド品や、化粧や美容やスタイルに固執していることではありません。そのようなものはこの世がもっと「生物としてまとも」な世の中になってからやってもらえば結構です。この言葉を聞いて「耳が痛い」と思っている限り、あなた方大人がやっていることは間違いでしかないのです。

------------

うちはこうしてます、てのを、よそのブログで見る度

何か違和感というか嫌悪感というか

そういうのがあったのはこういうことか。

ブログで書いてれば、それは皆に教えようとしてる事になるからいいのかね?

本当は、リアルでもっとやらないといけないの。



対処療法だよね本当。

私は自分の家族だけが残っても意味がないって

いるみに気付いた時からずっと思ってたから、

そう思ったからこのブログを残してるし、実際在日?とか海外の人とか

勢いで突っ込んだりもしてみたけれど、なんもならなかった。

まだまだまだ全然足りないんだろう。ネットから抜け出せない限り。


クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

2013年10月03日

ここまで上手く表現しても

http://7fukuzin.at.webry.info/201307/article_242.html
から転載。

ここから--------------


http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-f9e3.html
抜粋

恐るべき数百年の時をかけて、日本人の意識は変容させられていきます。そしてもはや日本という国家意識も無く、日本人である自覚も無く、日本を独立させようという気も無いのです。

インディアンやハワイ原住民のように。

日本が完全に滅びた時、そこに我々はいないのです。我々の継承者はいないのです。

私は甘く見ていました。日本が滅ぶのは我々の世代ではない。

我々がいなくなって日本という観念が、日本人という意識が消えた時に、本当に滅ぶのです。

実は、私はもしアメリカによる支配が進み、日本の状況が悪化すれば、その時こそ、日本人が目覚めてくれるのではないかと内心期待していました。

でもそうじゃなかった。我々のような意識状態、目覚めた人間は、その時にはいないのです。肉体は有限だから。肉体に縛られた我々の意識は、思いは、世代を超えられないから。

もし我々が今の意識を持ったまま未来にタイムスリップできるなら、人々を日本独立に向けて啓蒙もできよう。でもそうした意識を持った人間は未来の世界にはいないのです。長い時間をかけて消えてしまうのです。我々が頑張っても我々の日本を思う思いは次の世代には伝わらない。仮に伝わっても年々劣化していく。そのまた世代が変わればさらに薄くはかなく、人々の意識はこの(アメリカ化する)世界と同化し順応し、心の中の日本は消えていく。

今できないことが未来に突如できるようになることはないのです。

日本が独立するためには、次のことが必要です。

(1)「日本が植民地にされている」という状況が目の前に現れ、明らかになり、人々が「日本が植民地にされている」ことを認識すること

(2)その結果「日本を独立させよう」という問題意識が起こること。

まずは状況を認識しないと、問題意識が起きません。今もそうですよね。多くの日本人は現在の日本の状況を認識していません。だから当然問題意識もありません。

ところがようやく、目の前のことしかわからないエピメテウスたちが状況を認識したときには、そこには日本人の意識を持った人間が既におらず、問題意識が起きないのです。なんという皮肉。

数年単位の急激な変化なら、変わらない意識と変わった状況の間に齟齬が生まれ、問題意識が起こるのですが、数十年数百年単位だと、意識自体が変化し、問題意識が起きなくなるのです。

私は確信しました、数日前にもはや引き返せないターニングポイントを超えてしまったのだと。後戻りのできない大きな時代の流れに乗ってしまっているのだと。そしてそれはその前から何十年もかけて準備されてきたのだと。

私は確信しました。数百年単位で物事を計画している人間たちが間違いなく存在することを。

そしてアメリカが、ある一部の人間の欲望を、目的をかなえるための、私的国家、持ち物でしかないことを。

アメリカ人たちも彼らの欲望と目的達成のための道具でしかないことを。彼らは牢獄にとらわれています。一部の人間の金儲けのための奴隷と戦争のための兵士の供給源なのです。彼らは自分たちが自由で平等で民主主義の国に住んでいると思わされているだけなのです。彼らは自分たち自身で物事を決めていると勘違いしているのです。


今の我々の意識を、思いを、知識を、劣化することなく、ダイレクトに、50年、100年先の人々に、伝える方法を開発しなければなりません。

未来の世界に我々(の当事者意識)を未来の人々の肉体を媒介として再生する方法を開発しないといけません。

ヒントのひとつはユダヤ人です。多くの民族がアイデンティティを失い滅んでいく中、ユダヤ人は滅びることなく、そのアイデンティティを時間と空間を越えて、2000年間伝えることに成功しました。そのユダヤ人というアイデンティティを旧約聖書という形に聖典化し、ユダヤ教という宗教と宗教組織の形で保存してきたのです。

普段は何気なく意識しない日本人とは何かというそのアイデンティティを掘り起こし意識化し、聖典(カノン)化し、それを支える宗教組織を組織し維持し続ける必要があります。

漫然と自然に伝わるに任せていては、やがて日本人の意識は消滅します。

----------------------------------
コメントより

日本が移民国家となれば、100年、200年後には日本民族は少なくなってしまう、日本人としての権利も剥奪していく危険性があるでしょう。

なぜならば、日本人と外国人の結婚が過度に加速されていく可能性があるので、当然、配偶者である外国人の権利を多くの日本人が容認していく、または外国人の権利賛成!となると思われます。

混血が産まれる割合も増えますので、外国人の子供の権利もしかり。

日本人だけに与えられていた権利・特権は、外国人にも奪われ平等になっていく。移民がどんどん増え、時間を掛けながら、同じにしていくでしょう。その時には、日本人で反対をする人間が少数派になっているのではないでしょうか。

外国人は権利を主張し、時には暴動をも辞さない為、外国人は多くの権利を勝ち取る事が予測されます。ゆくゆくは政治家も外国人が当選するようになってしまうでしょう。

日本人はお上に従うだけ(歴史からも分かる)。強い者に立ち向かわないので、権利を失い、片隅で生きているかもしれません


-------------------ここまで



喉まで出てきてなかなか言葉にならないのを上手く文章にしてるなぁと思う。
世の中の流れは↓にある綱領につきるんだけど、
そういってもなかなか気付かない人にはピンとこないようで
説明って大事だけど本当に難しくて無理w
綱領すら、オカルト知っててもわかってなかったりする現状。

アメリカが悪いが罠であることは赤字の部分。
でも、もうアメリカだけの話じゃなくもれなくどこもそう。
その感覚で周りを見れば、どの国がどうなんて言わないで済む。

1.すべての既成政府の廃絶とイルミナティの統括する世界単一政府の樹立。
2.私有財産と遺産相続の撤廃。
3.愛国心と民族意識の根絶。
4.家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。
5.すべての宗教の撤廃。



最近ちょっとはわかってそうな人達が集まるところで
久しぶりにいるみいるみーってしゃべってみたけど
若者って基本的にもう、刹那主義ばっかり。
上に書いてあることを実感しすぎたわ。


クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ