2017年04月09日

バランス

全てバランス。
各々最善なバランスがあったとして、しかし数値化なんてきっとできない。
何事にもゴールなんてないから余計。
歴史にもゴールなんてないから、
善い悪いでバランスなんて考えたってどうなるっての?
ここからここまでなんていう範囲がないんだとしたら
この時点ではバランス考えたらこうだ、とか、そんなの意味なんてない。
意味なんてない ってのも実際は曖昧になるw 
言葉はどうとでも取れる。

私はねポジティブ思考の押し売りが嫌いなんだ。
嫌いとはいえその効果がどうってのは一応把握している。
その上で好きじゃないから、きっとそれで私が 今 バランス取れてる。
誰もがそうとかも考えない。
みな太陽を好む傾向なのもわからなくない。
そんでも好きじゃない。
ネガティブも必要だろうからだ。バランスならそうなる。
偏ったらまずい ってのだって、バランスで考えたら、範囲を自分で勝手に設定でもしなければ
(たとえば人の一生)
一生のうちほぼ全部偏ってました、だとして、それでよかったのか悪かったのか
って評価をするんだろう。

世の中に
一生ほとんど幸せで、ついていて、そのまま死ぬって人がいたとする
逆に一生ほとんど不幸で、最後まで不幸なまま死ぬって人がいたとする
結局双方でバランス取られてしまってるといっても 一理ある になってしまう。

色んな人が ああだこうだと言っているけど
それに影響されて今も生きているけれど

なんかね、もう自分にとっては 好き嫌いとバランス(大きな意味で) が真理ってので
落ち着いてしまった。
私の言ってることに反抗的な人もいるだろう。そんなのはまああるだろう、
いいことでもあり、悪いことでもあり(私個人にとってか)
それに対して私がどう思うかだけで。

好き嫌い が発生したらいいけど、無関心ってのの効力もある。
私は好き嫌いは、その時思ったら吐き出すつもりだ。
大概腹立つことのが多いからネガティブに受け取られるんだろうけど
実際は幸せに思うこともあるのだ。
いちいちそんなのを私は表に出さないだけで、
表に出す人は(私にとって)当然あまり好かない類なのだ。

嫌いなのを嫌いといってると、負のオーラすごそうだけどそれもまた
どっかでバランス取られているんだと思うよ。
上っ面太陽が多すぎるもんな。花畑っていうのがそうなるのかな。
負のオーラ満々な私でも、向き合ってくれる、合う人間はいるもんで
それで今満足できる部分もあるのだ。
幸せすぎて怖い なんてのもバランス取るためのものじゃないの?

好きなものを好きというのは好ましくて、
嫌いなものを嫌いというのは憚られるなんて
おかしなもんだろう。
嫌われたくない相手のために性分曲げたままでいるなんてことは
私はもうこの年齢では要らんくなったんだ。

なので言う。
私はあなたが嫌いだ。
このブログタイトルも性分を反映しすぎているw
私と真逆なタイプの人は○○が好きとかにしてるしな。
posted by myuu at 19:25| Comment(0) | 屁理屈日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

じゃあ過去に戻ればいいのかと言えば

そうじゃない。
どの時代が良かったとか、そんな風には言えない。
過去のが良かったとか言い出したら
じゃあ、どこまで遡っていいかとなる。
一度知った楽の味、便利の味を人は捨てられない。

今生きてる人は今の感覚でしか判断できない。
例えば今後こうなるよって事に対してだって
今持たされている感覚で判断、解釈して、その上で自分がどう思うかだけしかない。
だから多分、今持ってる感覚しかないから想像できる事も限られてる。
想像を掻き立てる要素は、ほとんどいるみが用意したものだ。

今の人って本当、今の感覚でしかわからないんだな。
自分と同じ価値観で物を見られるって事のが奇跡だった。
そうは言っても私の感覚も作られた、今だからこその物なんだけど。

自分が幸せであれば、とりあえずはいい、そうすれば他者もそうなるとか
そりゃまあ、そんなこともなくもない。否定はしない。
でも、じゃあワンワールド止まるのかって言ったら止まらない。
しつこく執念深くワンワールドを完成させると決めて
それに突っ走ってここまでにした奴らが本当に凄すぎるだけ。
同じ執念でワンワールドを止めてやろうなんてのが一向に増えなかっただけ。

陰謀論は色んな枝葉の情報が、今は知れ渡ってるのかもしれない。
でもそんなのは向こうは想定内だし、それで覆されるとかなんて思ってないだろうし
万が一そうなってもいいように策はずっと用意されている。

私はもうただやっぱり愚痴るしかない。
チラシの裏に殴り書きして終えたらいいのに
新たに誰かに伝えて、その誰かが理解して同じように一度絶望してほしいって
まだどこかで思っている。
それでNWO止まるわけがないのだけどw

期待しなきゃいいのにまた同じことしたんだな。
posted by myuu at 17:06| Comment(0) | 屁理屈日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

思考というオプション

本当はヒト以外も持ってるのかもしれないけどレベルが違いすぎる。
オプションというより特別装備?

ヒトだけが「考える」なんて事できてしまうがために
こんなに苦しい。
逆に上手く利用すれば滅茶苦茶幸福感を持てる。

比較し、差別し、競争し、優越感、劣等感に浸る。

正義は個人の都合?

そんな真理、気付いて、わかって、もうなにもかも達観したような フリ じゃないか。

割りきってるなんて、保身のためのフェイクだ。
気付いてもらえない。
本当は気付かれたくないのか、
気付いてほしいのにただ頑固で気持ちの表し方が下手くそなだけなのか、
わかりたくもないそんなの。

みんなその日の血の流れで、脳から分泌されるホルモンで、
お天気で、空気で、
気持ちなんてすぐ変わるんだ。
そう思う事で私を納得させる。
辛くなる事がこうやって定期的にやってきては同じ分析の繰り返し。


解ろうとしている、解ったつもりなだけで、
本当は赤ん坊みたいに全部、何も計算しないで吐き出したい。

でもその後のデメリットに足踏みしてしまう。
きっと、どうせこうなる、こう考えているだろう予想、
仮に言ったとしてそれに対する答えは、私を確実に良い気分にはしないだろう。
そういう決めつけ、思い込み。

ああもうぐるぐるするのは嫌だ。
こんなオプション捨てたい。捨てたくない。
どっちだかわからない。


私は欲の塊。
今を生きるだけなんて嫌。

早くこの登山道を下ろう。
時間だけが緩和する。

こんなのって、どうしようもなく寂しい。
posted by myuu at 10:13| Comment(0) | 屁理屈日記 | 更新情報をチェックする